談合坂SA下り線限定のおすすめのお土産!ブリュレ仕立てのバウムクーヘン

談合坂SA下り線で見つけたおすすめのお土産品ブリュレ仕立てのバウムクーヘンのご紹介。



高速道路に設けられた最近のSAエリアはどんどん進化して、ちょっとしたアミューズメントパークのような規模のものまで出現してきましたね。

我が家でも、各路線に配置されたサービスエリアは、長距離ドライブのときに立ち寄る楽しみのひとつになってきています。

そんな中で、さらに白熱しているのが、そのサービスエリアでしか買えない『限定品』
今回、東京から山梨県への移動中に立ち寄った談合坂SAで、おすすめしたくなるほど美味しかった『談合坂SA下り限定』のお土産品を見つけたので、ご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

談合坂SA下り線おすすめの限定お土産とは?

談合坂SAは、東京から山梨県の富士吉田市に向かう中央自動車道沿いにあって、ドッグランや、下り線だけでもトイレの個数が男女合わせて100個以上もある、大型サービスエリアです。

2011年に「EXPASA談合坂」にリネームし、中央自動車道最初の複合商業施設として今も大人気。山梨県や長野県への旅行が多い我が家でも、この談合坂SAはとても助かっています。

今回の立ち寄りで見つけた、『談合坂SA下り限定』と書かれたこのお土産。ブリュレが好きなので、ブリュレ仕立てのバウムクーヘンって何?と興味をもたずにはいられませんでした。


ブリュレ仕立てのバウムクーヘン「プリンキャラメリゼバウム」。

『談合坂SA下り限定』のお土産。


バウムクーヘンって、人気店のものでないとパサついた感じがしてあまり好きではなく見向きもしないんですけど、多分この「ブリュレ仕立て」とか、「プリンキャラメリゼバウム」とかの文字に引き寄せられたのでしょう。
手にとったまま、しばらく買おうかどうしようか悩んでしまいました。

そう、ここで手にとっていたお土産品の商品名が、「プリンキャラメリゼバウム」です。


中央自動車道下り線の談合坂SAだけで買える「プリンキャラメリゼバウム」。


でも、今買わなければ、帰りの「上り線」では買えないのですよ。「下り線」のここで買いそびれると、今度またいつ来るか分からないドライブまでお目にかかることがありません。

・・・と言うことで、食べてみて「あー、やっぱり普通のバウムクーヘンだ」と後悔するより、買わずにずっと気になる後悔のリスクを回避ということで、買ってみることにしました。

限定販売『プリンキャラメリゼバウム』の人気度は?

プリンキャラメリゼバウムを調べてみると、随分ロングランで人気だったようです。なぜ今まで、ここでこのおすすめ品に気づかなかったのでしょう。

プリンキャラメリゼバウムの販売元は、東京の新宿三丁目エリアにある、「カリーユ 藤井次郎」。美味しいスイーツのお店として有名のようです。

これまでの間に商品の改良が何度かあったのか、過去記事ではパサパサ感があると書いてありました。けれど、今回私が買ったプリンキャラメリゼバウムは、砂糖がキャラメリゼしてある表面はほろ苦くカリカリとしていて、内側は正反対にしっとりした食感。

2015年8月にテレビ東京の取材があり、この時点では内側のしっとり感がいいと言うコメントがあったので、きっとこれより前には改良されたのではないでしょうか?

最近のコメントでも、「あのプリンキャラメリゼバウムを買ってきた!」とか「貰ったよ!」などと、その人気はアップしているようです。

過去にあまり美味しい思いをしなかった方には、もう一度チャレンジすることをおすすめしたいです。

味は大人向き?子供向き?

まずご覧の通り、断面には途中までシロップがしみ込んでいるのが分かります。


中までシロップがしみ込んだプリンキャラメリゼバウムは、最後まで濃厚な味を楽しめる。


バウムクーヘンって、内側が素朴すぎて味に飽きることが多いのですが、プリンキャラメリゼバウムは中まで濃厚
もちろん、表面の焼いたカラメルのほんのりした苦みと、内側まで浸透した甘すぎない甘味とのバランスがいいので、大人の味として楽しめました。

ブラックコーヒーとの相性がとてもいいです。
もしかすると、小さなお子さんには少し苦みが強いかもしれないですね。


時間がたつと、砂糖の白い粉がカラメルの表面に浮き出してくることがあるらしい・・・。けれど、もちろん品質には問題ないとのこと。
この美味しさは、クセになります。本当に談合坂SA下り線のみの販売なのでしょうか?もったいないです!

お土産としての利便性は?

賞味期限は、購入当日から見ると1ヶ月以上ありました。高温多湿を避けた常温保存が可能なので、帰省や旅行のお土産として扱いやすい商品ですね。真空パックになっているので、しっとりした生地の食品なのに日持ちがするようです。

また、生地にたっぷりと染み込んだシロップが漏れ出す心配もありません。


真空パックになっているので日持ちがよく、生地にしみ込んだシロップが漏れる心配がない。


中身は自分でカットして食べなければいけないので、会社などのお土産用としてみんなに分けて配るには少し不便かも。


カットされていないので、会社などでみんなに配るには少し不便。でもバウムクーヘンはこの形だから美味しい。


でも、最初からカットされていると断面の食感が変わるし、バウムクーヘンの醍醐味がなくなってしまうので、この形でないと意味がないですね。

プリンキャラメリゼバウムの商品情報


値段  : 1,296円(税込み)
サイズ : 直径約12cm
販売者 : カリーユ 藤井次郎
電話番号: 0120-11-4767

アレルギー表示
乳・卵・小麦など
※原料の一部に大豆を含む


忍野八海おすすめ観光スポット!超穴場の最も青く美しい池はどこ?
忍野八海で最も輝きのある、青く透明な池が見逃せない。観光客も少ない超穴場のおすすめスポットをご紹介します。

編集後記

旅行日程に余裕があるときは、つい各地方のサービスエリアによって、おすすめのお土産品を物色してしまいます。その繰り返しで、予定から大幅に遅れて現地に到着した経験も何度か・・・。でも、その土地ごとの美味しいものを見つけるのは楽しいので、今後もきっとやめられないなと思います。

これから迎えるゴールデンウィークやお盆の帰省などに談合坂SAを通過するときは、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。「下り線」の方ですので、お間違いなく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする