関東甲信越の穴場な避暑地を発見!青木ヶ原の樹海にある人気の洞窟とは?

関東甲信越の穴場的避暑地に最適!青木ヶ原樹海にある人気の洞窟とは?



関東の中でも大自然がギュッと集まった富士山の周辺。我が家は、とくに夏になると避暑地を求めて出かけます。今回は、大人から子供までが夢中になって探検できる、穴場的な洞窟をご紹介。クールな空気にひんやり冷やされて、今年も猛暑を乗り切りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どこにある?穴場的避暑地の洞窟

その洞窟の名前は、「富岳風穴(ふがくふうけつ)」。富士山の裾野に広大な面積をもつ青木ヶ原の樹海の入り口にあって、富士山の溶岩からできた溶岩洞穴として有名です。

青木ヶ原の樹海と聞くと、「え?そんな場所に入って大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、自治体が管理している範囲にはキャンプ場や遊歩道などが整備されてあり、決められた場所を移動するのには問題ありません。

しかも、夏には生い茂る葉や樹の根に張り巡らされた苔などの生き生きとした緑が、とても美しい場所でもあるんです。国道139号線から50mほど樹海に向かって入ると、すぐに深い樹木に囲まれてしまい、少し緊張。


国道139号線から青木ヶ原の樹海に伸びる林道。

ひにゃりとした樹海は関東地方の避暑地の1つ。


けれど、このポイントで空気は一層涼やかに。避暑地に来たことを、すぐに実感できるところです。

その林道を、誘導されるままに進んでいくと、関東甲信越地方で今人気が出ている富岳風穴の洞窟が現れます。


関東地方の穴場的な避暑地の1つの富岳風穴入り口。

なぜ富岳風穴が穴場なの?

実は、富士山の溶岩洞穴は、「富岳風穴」の他に「鳴沢氷穴」という洞窟があり、2つの位置関係が近いのでペアで紹介されています。けれど、鳴沢氷穴の方が規模も大きく脚光を浴びているので、洞窟を1つだけ見れればいいという観光客のほとんどが、鳴沢氷穴の方を観光して終わるのです。

2つの洞窟は車だと2~3分程度で移動できるのですが、わざわざもう一つ見るために富岳氷穴まで来る人が少ないので、真夏の繁忙期でも順番待ちがなくてすぐに探検ができる、穴場の洞窟になっています。

富岳風穴の特徴は?

富岳風穴の入り口から中に入るには階段を下りていくものの、中に入ってみるとなだらかな横穴の、とても歩きやすい洞窟になっています。小さな子供から年配の方まで一家総出で出かけても、みんなで楽しめるのではないでしょうか?


ただ、入り口は頭上ギリギリに天井があるので、よく前を見て進んでくださいね。洞窟内は、入ってしまうと思ったよりも広くて快適。ただ、場所によってはところどころが狭いので、よそ見は危険です。


洞窟内は平均気温が3度なので、階段を下りる途中からひんやりとした空気が漂ってきて、外の猛暑との差を気持ちよく感じますよ。真夏の関東地方が35度を超える中、都内から日帰りできる場所にあるとは思えないほどの快適空間。まさに避暑地の名前にピッタリです。

富岳風穴の見どころは?

1.避暑地を造りだす氷柱がある


中に入ると、真夏なのに氷柱や氷の壁があって驚くと思います。この富岳風穴では、年間を通じて気温が低いので、今でも冬の間に天然の氷柱が作られています。

2.昭和30年時代の知恵がある


また、洞窟の一番奥まで進んでいくと、昭和30年頃まで蚕の卵などの貯蔵に使われていたという天然冷蔵庫がそのままの形で残っていて、今では国の天然記念物に指定されています。

繭玉が成長しないように調整したり、良質の種子を保存して芽吹きを良くするためには低温保存が必要で、昔は富岳風穴が利用されていました。


昭和初期まで使われていた天然の冷蔵庫。国の天然記念物に指定されている。

3.幻想的な光り苔を観られる


さらに奥に進むと、珪酸華(けいさんか)と呼ばれる、別名光り苔の群生地が見られます。洞窟に住む、目のない微生物の餌になるもので、一面に銀色の反射を見せる場所は珍しいために、ここから先は観光客は進入できなくなっています。


珍しい珪酸華(けいさんか)の群生地。通称光り苔とも呼ばれる。

4.押し寄せる溶岩の痕跡がある


もう1つの富岳風穴の見どころとしては、「溶岩棚」と呼ばれる1段あがった段差が、足元に見られること。いかにも流れ込んできた溶岩がここでせき止められて、冷えて固まったといった感じです。



よくある鍾乳洞とは違って、溶岩洞穴は音が反響せず籠っている感じがよくわかります。これは、火山岩の中でも最もポピュラーとされている玄武岩質が壁になっているそうで、この玄武岩質には音を吸収する性質があるためです。そこも面白い点なので、ぜひ耳を傾けてみてくださいね。

富岳風穴を観光時のおすすめの服装

階段に立った瞬間から冷気を感じます。中に入ると平均気温は3度ですので、真夏でも羽織れるものは持って行ったほうがいいですよ。少し歩くと、すぐに寒くなってきます。

足元は濡れている場所が多いので、運動靴などの歩きやすくて滑りにくいものがおすすめです。

避暑地気分がアップする名物デザート

富岳風穴へ続く林道入り口には、「森の駅・風穴」というお土産ショップがあります。


避暑地の富岳風穴へ続く林道入り口にある「森の駅・風穴」。


ここで食べられる「とうもろこしソフト」や「ともろこしパフェ」が、観光客に人気だそうです。私たちも観光の後には食べてみようと思っていたのですが、富岳風穴ですっかりクールダウンしてしまい、さらに冷たいものを食べる気にはなれず・・・。

もし興味があれば、洞窟を観光する前に食べるのがおすすめかも。味はコーンスープ風味で、やさしい甘さが美味しさの秘訣になっているそうです。

富岳風穴の利用情報

1.入洞料金

大人 :350円
小人(小学生) :200円

2.営業時間

3月16日~3月31日
平日・土日祝 : 9:00~16:45

4月1日~4月28日
平日・土日祝 : 9:00~17:15

4月29日~5月8日
平日・土日祝 : 8:30~17:45

5月9日~7月31日
平日・土日祝 : 9:00~17:15

8月1日~8月10日
平日・土日祝 : 9:00~17:45

8月11日~8月16日
平日・土日祝 : 8:30~17:45

8月17日~8月28日
平日・土日祝 : 9:00~17:45

8月29日~10月16日
平日・土日祝 : 9:00~17:15

10月17日~10月31日
平日・土日祝 : 9:00~17:00

11月1日~11月15日
平日・土日祝 : 9:00~16:45

11月16日~3月15日
平日・土日祝 : 9:00~16:15


※2017年6月24日現在
※天候や洞内の状況によっては変更あり

3.所要時間

一般的な速度で歩いて約20分

4.ペットの入洞

天然記念物のため2009年8月16日からペットの入洞は不可
※おとなしいペットは繋いで待機させることが可能

5.お問合せ先

富岳風穴(ふがくふうけつ)
0555-85-2300

遊歩道の注意事項

青木ヶ原の樹海は国の天然記念物であったり、国立公園の特別保護地域などに指定されているので、林道以外の場所への立ち入りは禁止されています。

もちろん、興味本位でちょっと入り込むだけでも方向が分からなくなって危険ですので、決められた場所を歩くようにしましょう。

関東で日帰りできる避暑地はどこ?密かにブームな驚きの森林探検とは?
怖い話で有名なこの場所が、実は美しすぎる避暑地だった?関東で日帰りできる密かに人気のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする