子供の英語力が勝手に伸びた!たった1つのおすすめ英語教育方法とは?

子供の英語力が勝手に伸びた!たった1つのおすすめ英語教育方法とは?



この先も、日本社会のグローバル化は進むばかり。
今や、子供の英語教育はどんどん早まっていますね。


子育て中のパパやママにとっては、どんな英語教育の方法を取り入れれば小学校の英語学習に遅れを取らずにすむのか悩みどころだと思います。


もちろん、わが家も同じ。
けれど、親が力を入れなくても子供の英語力は勝手に伸びていきました。


なぜウチの子の英語力が自然に伸びたのか?今回は、その英語教育方法をまとめてみました。

これからの、あなたのお子さまのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供の英語教育はいつから始めた?

わが家の子どもは、ただいま大学生。

「お勉強」と名の付くものはどれも嫌いな性格で、もちろん英語についても目立った努力はしてきませんでした。


けれど、現在は海外の大学に留学しています。



海外の街並み

ムリな英語学習をしなくても海外大学へ進学できるだけの英語力を養うことは可能。




よく「子供の英語教育はいつから始めるのがおすすめ?」という、パパやママのお悩み投稿を目にします。


生後まもなくから始めるのが理想という意見もあれば、まずは国語の勉強が先でしょ、と考えるご家庭も。

さらにはご夫婦で意見が違うこともあれば、おじいちゃんおばあちゃんに「早すぎる」と反対されたなど、子供の英語教育についてはいろんな考え方に分かれますね。



わが家は・・・と言うと、結論から言えば、妊娠が分かった頃からすでに英語教育について考えていました。


べつに、英才教育に熱心な家庭なわけではないんです。

けれど、英語の学習に関してだけは、とても早い段階から意識をしていました。

これは簡単!子供から英語に興味を持つ方法

実際に英語教育を始めたのは生後まもなくからなのですが、では具体的に何をしたかと言うと・・・?


とにかく、英語を聴かせることを大切にしてきました。


そのため、早くから試したのが子供が英語を聞き流せることを中心にした英語教育システム



ディズニー英語システムのロゴ

子供が自然と英語に興味を持つきっかけになったディズニーの英語システム。




無料サンプルを貰えるので気軽に資料請求してみたのですが、サンプルにも関わらず思いのほか充実していました。


数ヶ月ほどこの英語教材を試してみて、わが家にピッタリだと思ったので、本品を購入することにしました。



今では、この英語教育システムのほかにも数多くのものが出されているので、迷う方が多いと思います。

迷ったときには、とにかく手軽に試せるものを用意するのがオススメ


英語教育の教材を用意する一番の目的を、子供が英語を聴き流せること」にすると選びやすいと思います。



動画任せの育児には賛否両論ありますが、わが家ももれなく共働き世帯。

ちょっとした家事の合間に子供の英語力が伸びるかと思うと、私のストレスがかなり減ったのを今でも覚えています。


それに、なんと言っても子供が楽しそうに遊んでいるのが一番嬉しい



英語教育システムに入っているパペットなど

英語教育システムの教材に入っていたパペット。
親子で楽しく英語と触れ合えるので人気。




とくにママにとって育児で後ろめたくなるのが、子供と遊ぶ時間を十分にとってあげられないことではないでしょうか。


少しでも罪悪感を減らすことは育児ストレスの解消になりますし、もっと我が子へ優しく接することができるようにもなりますよね。



ちょっとした工夫でママの気持ちが楽になるのなら、動画の利用もどんどん取り入れたいですね。



英語の歌が収録されているディズニー英語システムのCD

英語の歌が収録されているCDは、子供が遊んでいる間にBGMで利用するのがオススメ。




車で外出するときには、いつも英語教材のCDで英語音楽を聞いていました

「今日はコレ!」と言って持ってくると、親としてもとても嬉しくなります。



長距離ドライブのときにはDVDを。
車が渋滞したときには、とても役に立ちました。

ウチの子の英語力はどれくらい?

こんな風に子供自らが英語の教材で遊んでくれるような環境になっていたので、わが家の子どもの英語力は親が頑張らなくても自然と伸びていきました。


日本人にとって英語学習でネックになりやすいのが、リスニング力。


英語教育システムを購入した頃、英語の勉強はリスニング力さえ克服しておけば、後はなんとかなるのではないかと考えていたんです。



楽しい音楽が流れている風景

リスニング力を自然にアップするために、いつでもどこでも英語の音楽を流していた。




そして、それは、あながち間違ってはいませんでした。


さっきご紹介したとおり、ウチの子はお勉強が大嫌い。

けれど、小学生を卒業する時には英語検定4級を、中学校1年生になった時点で、3級を難なくクリアすることができました。


もう10年ほど前の話なので、今のように小学校から英語学習があったわけではありません。



お勉強嫌いだと、当然ながら文法や単語の穴埋めが大の苦手。
では、何で点数を稼いでいたかと言うと、もちろんリスニング力です。


毎回、リスニングのパートでは、ほぼ満点を取っていました。



100点の画像

英語の勉強はほとんどしなかったのに、リスニング部門ではいつもほぼ満点をゲット。




高校を卒業したら、すぐにIELTSに挑戦して5.5を取得しました。


英検とは違って論文が主体になるので、日本人がIELTSを取得するのはかなりハード。

けれど、IELTS5.5もあれば、海外大学への留学が果たせます。



そして、留学生となった今は、海外に渡って2週間もしない内に、苦も無くネイティブ級の英会話を楽しんでいます。


もちろん、これまで私たち親が無理をして英語の宿題につきあう必要は全くありませんでした。

英語が使いこなせない私たち親にとって、こうした英語教育システムは一番の救いです!






高校教師が驚いたウチの子の英語力

わが家の子供が高校生のときに、こんなエピソードがありました。


結局、5科目の中で英語だけ断トツに得意になったわが家の子供は、国際教養コースがある高校へと進学。その学校で、英語の教師から「帰国子女なみの耳をしている」と言われたそうです。



もちろん、帰国子女でもなければ、バイリンガルでもない。
話す言語は、日本語オンリーです。



けれど、教師のお話によると、耳から聞いた英語を頭の中で翻訳することなく理解しているそうです。


ただ、周りに「英語を話す」という環境がなかったので、スムーズな英会話は苦手。

ですから、英語の教師が英語で世間話をすると、即座に日本語で答えるという、面白いやり取りを繰り返していたようです。



英語の質問に日本語で答える学生

英語の質問に日本語で即答する我が子。
帰国子女なみのリスニング力だとの評価をもらったことも。




このエピソードを聞いたときに、リスニング力をアップしておくことの素晴らしさを実感しました。


なぜなら、英語の質問に即答できるということは、英会話の内容を理解しているということ


文法も英単語も、きちんと英語力として育ってきていたのです。

子供の英語力が勝手に伸びた英語教育とは?

1.聞くこと重視の英語教材を利用


こんな感じで、英語を話せない親をもつ我が家の子供ですが、高校3年間も内申点は英語で稼いでいたようなものでした。



面白いのが、学校の定期テストの成績はそこそこながらも、外部の実力試験にあたるGTECなどでは、いつも学年のトップにいました。


調子が悪くても、約250人中1桁代からは外れないんです。

「習った英語」を、きちんと「使える英語」にアップさせていたのだと実感。



その英語力のベースになっていたのが、聞き流せる英語教育システムだと確信しています。



英語教育システムのセット

生後すぐから楽しんでいた、聞き流しで遊べる英語教育システム。高校での英語の授業も楽々スルー。




幼児期に、ひたすら聞いていた英語教材のCDやDVDで少しずつ英語力が実り、小学&中学生生活を楽々と乗り越えて、高校生では学年上位に入るまでに役に立ちました。


わが家でこの英語教材をいつ頃まで使っていたかと言うと、小学生低学年くらいまででしょうか。



この15年ほどで子供の英語教育のノウハウはどんどん蓄積されました。

ですから今では、いろんな特徴のある英語教育システムを出している企業が沢山あります。


ほとんどの英語教材では、子供と一緒に遊べるおもちゃや絵本などが。


親子でも楽しく遊べるので、将来は英語に強くなって欲しいと思っているご家庭には、こうした英語教材はとてもおススメです。



ディズニー英語システムの絵本

カラフルで見ているだけでも楽しい絵本。
ヨレヨレになるほど親子で愛用していた。


2.海外旅行で遊びながら英語力をアップ


もともと旅行が好きなわが家なので、子供が生まれた翌年から、海外旅行にもよく出かけていました。

最初はただの旅行目的だったのが、幼児期あたりからなんとなく海外旅行が学習の場に



海外の路上の光景

子供は海外旅行を楽しみながら、自然とグローバル力を養っていった。




もちろん、子供にはそんなつもりもなければ、親の私たちが勉強として押し付けることもありません。


海外旅行を英語教育の1つとして活用できたのは、現地の人たちとの交流を大切にし、観光する場所を少しずつローカルエリアに広げていったからだと思っています。



気づけば早いうちから、わが家の子供にとっては日本と海外の壁はなくなっていました。
ですから、自然と自分から現地の人と会話が楽しめるように。


こうなると、もう英語を身近に感じることができるようになります。



海外旅行は子供にとって、英語力を含めた情操教育にもつながった体験談もご紹介しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

学童期から家庭の英語教育を強化しても遅い?

わが家の体験談をお読みになると、小学校に入ってから家庭でのこうした英語教育システムを使った学習を強化しても遅いのでは?と思われるかもしれません。


けれど、大半のお子さんは遅くないと思います。

少なくとも小学校低学年なら、お子さんから興味を示す可能性が大きいのではないでしょうか。



英単語のカードで遊ぶ乳児

子供から英語に興味を持つのが一番効果のある英語教育。




ただ、中には英語を聴くのも嫌・・・

と感じるタイプのお子さんもいらっしゃいます。


そのためにも、手軽に試せる英語教育システムを使って、まずはお子さんを見守りながらも一緒に遊んでみるのがおすすめです。



最近では、ネイティブの英語の読み聞かせを子供が聞ける書店もあるほど。

海外に行かなくても、日本の中に英語の環境が揃いつつあります



もしお子さんが英語に拒否反応を示したとしても、英語教育システムのサンプル利用やイベントへの参加は、興味を持ちそうな英語教材を探っていく手立てになりますね。


それに、お子さんが英語が苦手と感じるようなら、早いうちにこっそり英語教育のプロに相談することで、お子さんの英語の芽の成長を少しでもスムーズにしてあげられると思います。



子供の英語学習を相談する光景

子供が英語嫌いだと思ったら、こっそり英語教育のプロに相談するのがオススメ。




どうやったって、この先日本の教育から英語はなくならないのですから、パパやママとしては対策を練るしかないです。


外国語は、耳に馴染んでくることで発音をしやすくもなります。

「気がついたら英語が身近にあった」となれば、英語が苦手なお子さんにとっては、とても幸運なことだと思います。






ママパパの英語力アップに力を入れるのはNG

私が子育て中は、「子供の英語力を伸ばすにはパパとママが英語で語りかけましょう」なんて書いてある、過酷な本を見かけることがありました。


多少でも英語に興味があればいいですけど、そうでない家庭なら拷問ですよね(笑)

英語アレルギーだと言う方だっていると思います。



ノー(NG)の画像

子供のためにと、親自身の英語力をアップすることに熱くなるのはNG。




私は多少なりとも英語に興味がありましたが、でも子供より率先して英語の学習をしたいとは思いませんでした。



それに、親がそこまで自分に力を入れてしまうと、子供にはさらにプレッシャーをかけてしまいそう。

眉間にシワを寄せながら子供に話しかけるよりも、明るい笑顔で接してあげる方が子供も楽しく英語と触れ合えます。



英語教育の環境を自然な形で取り入れておけば、パパやママが力を入れなくても、わが家のように子供の英語力は勝手に伸びていくと思います。

編集後記

わが家の子どもが2語文を話し始めたころ、「ノーズ(鼻)が痒い」と言ったのを、今でもはっきり覚えています。鳥肌が立つくらい感動しました(笑)

ここ数年で、英語教育システムのプログラムは激的に進化しています。様々な教材が出ていますが、お子さんが遊びながらも気づけばバイリンガル並みになっているような、プレッシャーのかからないものをぜひ選んであげてくださいね。

なぜ海外旅行が子供の教育に役立つの?実体験した5つの刺激とは?
子連れ海外旅行をただのレジャーで終わらせるのは勿体ない!教育に直結する5つの理由をわが家の実録からご紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする