なぜ海外旅行が子供の情操教育に役立つの?実体験から見る5つの刺激とは?

なぜ海外旅行が子供の情操教育に役立つの?実体験から見る5つの刺激とは?



旅は人を大きく成長させるとよく言われますね。とくに海外旅行は、否が応でも異文化の中に飛び込むことになり、これまで勝手にイメージしていた自分の世界観はがらりと塗り替えられてしまう。その塗り替えられた世界観と同じだけ、新しい発見をしたことになります。

最近では、「旅育」という言葉が聞かれるようになりました。我が家でも、子供がまだ赤ちゃんの頃から海外へ連れ出してきましたが、これまでの旅が、今思春期を迎えてどんな影響や効果を生みだしているか、今日はその実体験をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

子供の海外旅行デビューはいつ?

我が家での子供の海外デビューは、1歳9か月。

背中に自分のおむつが入ったリュックを背負っていても、しっかりと走り回れるほどの体力がついた頃でした。


当時はやっと、赤ちゃん連れ海外旅行特集などが組まれるようになった頃で、子連れサポートサービスはかなりレア。機内での間の持たせ方も、相当気を遣ったものです。



そんな理由で、最初に子供連れ旅行先として選んだ場所は、移動しやすいグァム。日本から行く、初の海外旅行の王道ですね。



でも、日本からのフライトが約4時間時差1時間言葉に不自由なし・・・と、国内旅行と変わらない旅行環境であるうえに旅費は安く、なんと言っても子供の身体への負担が少ない


衛生面や感染症の心配がほとんどないことも、小さな赤ちゃんにとっては大きなメリットです。初めての子供連れ海外デビューには、最適な場所ではないでしょうか。



グァムを選択した第一条件は、小さな子供連れで海外旅行をする私たち家族にとって、ノンストレスであることでした。

海外旅行が教育になると思ったのはいつから?

もともと私自身が国内も海外も問わず旅行が好きで、子連れで海外旅行をするのは、ごく自然な流れでした。最初の海外旅行の感覚は、ただの家族レジャーですね。


それとは並行して、長女がまだお腹にいるときから、なんとなく「この子が社会人になる頃には、海外も視野に入れておいた方がいい」という、直感めいたものがありました。

まだグローバル教育という言葉は、あまり使われていない頃ではあったのですが。



でも、それから10年ほどの間に、急速に「これからの時代はグローバル!」が合言葉になり、今では小学校から英語教育が始まっている状態。


あのときの直感は正しかったんだと、今でも思います。



言葉の習得だけを考えると、大人でも半年くらい海外留学をすれば日常会話に困らないレベルまで上達できます。


でも、早い段階で異文化に触れたり他国の人とコミュニケーションをとることは、将来的に世界を活躍の視野に入れたいと思ったときにハードルが下がります。



知らない世界に飛び出す第一歩の勢いが、大人になって異文化を経験するのとはまったく違うと思うからです。



そんな思いが頭の片隅にずっとあったので、長女が現地の人たちとコミュニケーションを自分の力で取り始めた3歳の頃には、すでに海外旅行への意識が「家族レジャー」から「情操教育」に変わっていたように思います。

海外旅行が情操教育に与えた5つの刺激

そんなこんなで、毎年どこかの異国文化に触れてきた長女ですが、思春期の今、どんな刺激を旅から受けたと感じているかを、まとめてみたいと思います。

(1)無理しなくても伸びる語学力


日本人にとって、英語の聞き取りはそのハードルが高いのですが、長女は幼少期から自然とリスニング力が伸びていたようです。


むしろ、特に英文法などの勉強に力を入れたわけではないので、リスニング力だけが断トツに伸びたと言ってもいいかもしれません。

英検やGTECなどの外部の実力テストや定期テストでも、リスニングの点数で救われている状態です。


もちろん、リスニングで点数を取るということは内容の理解も必要なので、文法の理解や英単語の暗記なども後を追うようについてきています。

(2)英語に留まらない語学への興味


英語に対しては早くから関心が強かったのですが、中学生になるとその興味の範囲は一気に多言語へ。アジア圏のみならず、なぜかロシア語やスペイン語にまで強い関心を示すようになりました。


ロシア語って、日本語やポルトガル語のように文法が最も難しいと聞くのですが、本人はおかまいなし。

本腰を入れて勉強を始めたら、実は挫折するパターンかもしれませんが、いろんな国の言葉を話したいという気持ちは強いようです。

(3)将来の目標は?


小学校低学年のときには、海外を視野に入れた将来の夢がはっきりと決まっていました。

そして、夢が決まっているので、中学校⇒高校⇒大学と進路を決めていくのも至ってシンプル。

海外旅行を通して海外を視野に入れた夢をもつようになった


その夢は、もし叶わなくても他の職業に応用できることや、海外だけでなく国内でも利用できるので、職業の選択幅は広そうです。



海外旅行という「旅育」は、自分の将来像を国内外に関係なく、広範囲で汎用性があるものに結びつけていく力もあります。

(4)心の知能指数EQ力は?


比較的に感情が豊かで、情緒は安定している方ではないかと思います。


また、トラブルがあっても、すぐに別の方法で突き進もうとする力や周囲の空気を読む力は、親からしても見事と感じるほど。

切り替えが早く、ポジティブシンキングすぎて反省していないのではないかと思う局面がありますが、失敗しても次の手を打てると本人は信じているので、反省はサラッと済ませているのかもしれません。



最近、頭脳の高さを示すIQと並行して教育現場で使われるようになってきた、こころの知能指数EQ

学校だけでなく、企業でも人材育成の項目の一つとして取り入れているようですね。


EQの数値は、「感情のコントロール」「対人関係」「状況判断」などからその高さを計ることができるそうで、人間形成の上でとても大切な数値として知られるようになりました。



EQ力が高いほど、世の中を上手に渡り歩いていけるそうなので、ぜひ磨きをかけていってもらいたいです。

(5)コミュニケーション能力は?


EQ力と被りますが、なんと言ってもこの能力の高さが、海外旅行から得た情操教育の大きなメリットだと思っています。

初めて行く場でも、十数人のグループならすぐに作るほどでした。



思春期となった今でも、国籍に関係なく誰とでも気軽に打ち解けます。

言葉が通じないときには、スマホの検索機能やジェスチャーなど、あらゆる手段を使って乗り切っている感じ。文法がメチャクチャでも、とにかくコミュニケーションを取ろうとしています。


旅育の効果が軽視できない?小学生でやっておいて良かった2つの体験とは?
最近注目されている旅育(旅行から生きる力が育つ)効果。どんなメリットがあるのか我が家の実体験をご紹介します。

心が育つ海外旅行3つのポイントとは?

当然ですが、海外旅行にルールなんてないですよね。強いて言うなら、楽しい旅であること。

親の私たちが楽しめなければ、子供にとっても旅行は退屈です。それをベースに、この3つは意識するようにしています。

(1)〇〇エリアを歩く


正解は『ローカルエリアを歩く』。


一般的な観光地でも、感性を刺激したり歴史の勉強など、得るものはたくさんあるのでもちろん行きますが、それ以外にも、地元スーパーやマーケット市場などは必ず訪れるようにしています。



現地の方の生活空間には、飾り気のない濃厚なその国の文化が凝縮されているので、必見なんです。


地元スーパーやマーケット市場などには、濃厚なその国の文化が凝縮されていている。

(2)〇〇などを訪問する


正解は『福祉施設などを訪問する』。


少し長く滞在できるときには、こうした場所を訪問することも。

ショートステイでは厳しいのですが、1週間以上滞在できるときには、養護施設や山間部に住む子供たちとの交流を体験させていただくこともありました。



また、途上国では物乞いで生活をする人たちや、幼い子供がゴミの中から物を探して働く姿を見かける地域に足を運ぶこともあります。

(3)〇〇と〇〇をバランスよく旅行する


正解は『途上国と先進国をバランスよく旅行する』。


マリンリゾート系が好きなので、どうしても近隣で海がキレイな途上国に偏ってしまいがちなのですが、長い休暇が取れるときには先進国にも旅行します。


衛生面に気を配らなければいけない途上国から、生活に不自由を感じない先進国までをバランス良く見ることで、日本を軸にした多彩な異文化や生活水準の違いを体験できていると思っています。



ちなみに、なぜ暖かい地域の途上国には、こうも路上生活者が多いのか?

どうして、その生活を改善するために働かないのか?



と、疑問に思うことがありました。


この疑問に答えてくれたある国の人の話しでは、「一年中暖かいので、凍死する心配がない」というもの。

その日暮らしが成り立てば、それで十分なんだそうです。



こんな風に、なかなか発展しない地域の根底にあるお国柄事情も、自然と知ることができます。

最初の海外旅行はハードルを下げておく

たしかに、文化の違いや自分たちがいかに恵まれた環境で勉強することができるのかを知ることは、子供の成長にとても大きな意味を残してくれると思います。


けれど、海外旅行を教育の一貫として捉えて、たとえば最初からスラム街などを見せておこうとするのは避けた方がいいと思っています。



テレビで見るのとは大違いで、幼い子供の恵まれない環境は大人でも大きな衝撃を受ける光景です。キレイな日本しか見たことのない子はとくに、海外がトラウマになる可能性も。



将来のグローバリズムな行動に結びつけるためにも、最初はハードルを低くして、海外旅行はとにかく楽しいもの!くらいで終われれば十分なのではないかと。


最近は、車の運転や異性との交際にプラスして、旅行が面倒という若い方が急増しているそうですけど、我が子には興味があれば何にでもフットワーク軽く挑戦してもらいたいなと思ってます。

小学生の夏休みに行く親子留学は効果大!おすすめする4つの理由とは?
小学生高学年の夏休みに行った親子留学で、その後の子どもの成長にどんな効果があったかをご紹介します。

思春期の今にもたらす海外旅行の恩恵は?

海外旅行に情操教育の期待を込めて、幼少期からいろんな文化に触れる経験をしてきた長女の口癖は、「自分が好き」。


あまり自分自身を好きだの嫌いだのと考えたことがない私から見ると、ちょっとナルシストにも思えるほどですが、でも自分が好きというだけあって、自分を大切にしてくれてはいるようです。



その分、気持ちに余裕があるのか他人に寛大で、相手に非があっても人を許すのが上手な方ではないかと。

仲介に入って、逆にトラブルを被る場面もあるようですが、何かと上手く切り抜けているみたいです。



また、世の中にはいろんな考え方があるとも思っているようです。

人との意見の違いを、自然に受け入れることができているのではないかと。

それは、人の考え方に流されるというのではなくて、自分なりの意見を持ちながら人にも違う考え方がある、という姿勢です。


海外旅行では、いろんな異文化の人との出会いがあります。

幼少期から触れてきたことで日本人としての考え方だけではない、親の私が気づいていないような豊かな視点を持てている気がします。

編集後記

何かに行き詰ったときやマンネリ化した毎日に辟易したとき、ふと海外に出かけて環境を変えたくなったりします。気分をリフレッシュさせるという意味でも、旅行はメンタル面で大きな刺激を与えてくれますよね。

気のせいか、帰国後すぐに忙しい現実に放り込まれても、しばらくは穏やかな気持ちでいられる。海外旅行は、大人の心の教育にも役立っているように思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする