愛犬の花粉症はなぜ気づきにくい?犬の毛に隠された理由と予防法とは?

愛犬の花粉症はなぜ気づきにくい?犬の毛に隠された理由と予防法とは?



極寒の日が続くと春が待ち遠しくなるものなのに、ここ数年は「春」と聞くと憂鬱になります。その原因は、すっかり春の代名詞になってしまった花粉症。

今年も戦いのときがやってきました。

実は花粉症は、私たち人間だけではなく犬も悩まされています。
たしかに我が家の愛犬も、春先はくしゃみの回数が多いような・・・。

でも、犬の花粉症って、人間と同じ症状や対策だと思っていていいのでしょうか?
今回は、そんな愛犬の花粉症についてご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

犬も花粉症になる?

結論から言うと、犬も花粉症にかかります。

人間と同じように、花粉症シーズンは犬もくしゃみの回数が増えたり鼻水が出ることがあります。また、目が充血することもあれば、目の周りや外耳など、身体の皮膚よりも薄い部分がただれることも。

涙が流れることもありますし、こんな症状は私たち人間と似ていますね。

ただ、犬の花粉症の主な症状は、人間とは違う部位に強く現れるんです。
そのために、意外と飼い主さんが愛犬の花粉症に気づいていないケースが多いようです。

犬の花粉症の主な症状とは?

犬の花粉に対するアレルギー症状は、主に身体全体の皮膚に強く現れます。

犬の皮膚は人間よりも薄くてデリケート。そのため、犬の毛の隙間から入り込んだ花粉の刺激で皮膚が荒れやすくなり、発疹や色素沈着、皮膚の荒れによる抜け毛の症状が出てきます。

けれど、犬の毛に覆われた皮膚は隠れていて外部からは見えにくいので、抜け毛が深刻になるまで飼い主さんは気づきにくいのです。

床や壁に身体をこすり続けたり、執拗に搔きむしっていたら、皮膚をチェックしてみてあげてください。


犬の花粉症の主な症状はは、皮膚に強く現れます。

愛犬の花粉症、その予防策は?

(1)愛犬の毛を拭く


外出した後は、愛犬の毛の表面についている花粉を、濡れタオルに付着させるようにして拭き取りますブラッシングは、花粉を拭き取った後にしましょう。

また、花粉をキレイに取り除こうとして、頻繁にシャンプーをするのはタブー。

私たち人間と同じで、洗いすぎによってバリア機能が低下すると、かえって皮膚が荒れる原因になりますし、そこからまたさらに深刻な皮膚病を発症する可能性があります。

シャンプーは、ひと月に3回~4回程度が理想的。日頃は、濡れタオルで足先まで丁寧に拭くだけで、花粉は除去できています。

(2)洋服を着用する


愛犬の毛に花粉を直接つけないためにも、洋服の着用はとても効果的です。

ただし、ウールやフリース素材は静電気が発生して花粉を吸い寄せてしまうので逆効果に。

また、犬の毛はポリエステルとの相性が悪く、綿や羊毛素材だと静電気が発生しにくいとされているので、コットン100%素材のものを選ぶと安心です。


もっと理想的な花粉症予防対策の服装は、表面に凹凸のないツルツル素材のものを着用すること。
けれど、こうした素材の多くはポリエステル系です。愛犬の毛との摩擦による静電気を考えると、綿や羊毛素材の洋服を着用して、帰宅時には花粉のついたその洋服を脱がせるのがオススメです。

静電気体質の人必見!衣類の相性からできる即効対策とは?
乾燥シーズンに発生する静電気対策を、衣類の組み合わせから見直すことをご紹介しています。

(3)散歩の時間に気をつける

土の上での散歩は愛犬の花粉症予防に繋がります。

日中に空中を舞っていた花粉は、空気の動きが少ない夜中に下に落ちてきて溜まり、翌日に人や車が動き出すと、また空中に舞い上がっていきます。

地面近くに顔がくる愛犬にとって、早朝のお散歩は大量の花粉を吸いこんでしまうようなものなので、街がすっかり動き始めてから、散歩に出かけるといいでしょう。

また、花粉が舞い上がりやすいアスファルトよりも、湿った土の上での散歩がおすすめです。



【犬の花粉症予防のポイント】

皮膚へのダメージが大きいので、とにかく犬の毛の間に花粉を入り込ませないことがポイント。

日頃の体毛の拭き取りケアも大切ですし、花粉の多い時期はアレルギーの原因となる植物が多い場所を避けたり、風の方向に気をつけるなど、愛犬の毛に花粉が付着しないように工夫してあげましょう。

どんな花粉に気をつければいいの?

犬も、スギやヒノキ、ブタクサと言った、およそ人間が悩まされているものと同じような種類の花粉に対して、アレルギー反応を起こします。

秋には秋の花粉が飛散するので、一年中気をつける必要があると言えますね。

花粉症かな?と思ったら・・・

愛犬が無性に身体を痒がっていたらもちろんのこと、花粉症シーズンに鼻水やくしゃみの回数が増えていたら、早目に動物病院で検査をしてもらっておくと安心です。

簡単な血液検査でチェックできますし、花粉症の傾向があると分かれば早目の対策がとれて、早期予防をすることで花粉症の発症を抑えたり、遅らせることができるかもしれません。

編集後記

我が家は、しばらく愛犬が花粉症気味であることに気づいていなかったんです。
くしゃみはよく出るなと思っていましたが、前述のように、犬の花粉症の症状は皮膚に強くでるので分かりにくいんですよね。

我が家は一家で花粉に悩まされていますし、愛犬の花粉症が本格的になっても気の毒なので、いかに花粉を室内に持ち込まないようにするか必死です。
空気清浄機などを上手に利用して、部屋の中だけは快適空間!でありたいものですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする