愛犬に暖房対策は必要?犬種別の耐寒の違いとおすすめ対策は?

愛犬に暖房対策は必要?犬種別の耐寒性は?


なんとなく、犬は寒さに強くて猫は弱いというイメージがありますね。
日本の四季を表すイラストでも、「犬&雪景色」「猫&こたつ」が定着しています。

だから、犬に暖房対策は必要ないのではないかと、ひと括りに考えてしまいそうですが、実際はどうなのでしょうか?

南極で活躍するカラフト犬、メキシコ生まれのチワワ、生まれたばかりの仔犬と活発な成犬、どれも耐寒は同じなの?

いえいえ、きちんと分けて対策してあげる必要がありそうです。今回は犬種別の耐寒性と、おすすめの暖房対策をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそも犬って寒さに強いんでしょ?

そのイメージは、まだ日本に存在する犬種が数種類のときのもの。

いろんなお国生まれの犬種が日本にやってきている今は、寒い日でも犬は庭を走りまわるものという考えが、すべてに当てはまるわけではなくなってきました。


雪の中で遊ぶ犬


昔は戸外で番犬を果たす犬が多かったものの、今では愛玩犬やデザイン犬と呼ばれる種類が増えているので、それぞれの犬種に合わせた温度調節が必要となってきています。

寒さに強い犬と弱い犬、その違いは?

犬の被毛の形態「シングルコート」と「ダブルコート」の違いで、一般的に寒さに強いかどうかに分かれます。

この2種類の毛の生え方は大きく違っていて、原産国が暖かい国か寒い国かでも異なります。

シングルコートの犬種


毛の抜け変わりが少なくなるように人の手で品種改良されてきたもので、温暖な地域に多くみられる犬種

室内飼育を目的に改良されたので、抜け毛が少ないというメリットはありますが、毛の層が薄いため寒さに弱いのが特徴です。


こんな子たちがシングルコート

プードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、パピヨン、グレーハウンド、チワワなど


ダブルコートの犬種


原産国が寒い地域の犬種に多く、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の二層構造になっているのが特徴

アンダコートは寒さから身を守るために発達しているのですが、暑くなると不要になるので、季節の変わり目にはごっそりと毛が抜けます。


こんな子たちがダブルコート

柴犬、シベリアン・ハスキー、コーギー、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトバー、サモエドなど


耐寒の違いは犬種別だけじゃない

犬の一般的な体温は、小型犬で39℃前後、大型犬で38℃前後のため、人間に比べると全般的に寒さに強いと言われています。

けれど、前述の通り、犬種によっても耐寒性があるかどうかの違いはありますし、仔犬や老犬、病気を患った犬などはさらに注意が必要になってきます。


健康な成犬以外は自力での体温調節が難しく、温度管理によっては著しく体調を崩すことがあるからです。


仔犬はまだ自力での体温調節が難しい


寒さに強い犬種だから大丈夫とひと括りにせず、その日の健康状態によっても室内の温度調整に気をつけて、暖房対策をしてあげるのがおすすめです。

状況によって室内温度はこんなに違う

たとえば愛犬だけでお留守番をすることが多い場合、誰もいない冬場の部屋はひんやりと冷え込んできます。

家が戸建てか集合住宅か、また地域によっても室内の温度は違ってきますが、人が一日中いない部屋は、真冬だと一桁代まで下がることもあります。


その時の状況に合わせて、またどれくらいの時間を留守するのかにもよって、暖房対策の必要性が変わってきます。


状況によって室内温度は変わるので愛犬に合わせて暖房対策をする必要がある

おすすめの暖房対策は?

それほど室内温度が低くなく暖房器具を使う必要がなければ、洋服で調節するのが一番おすすめです。


ただ、その洋服に使われている素材選びは、ちょっと注意したいところ。

最近では、暖を取るためにフリース素材が使われていることが多いのですが、ポリエステルでできているものがたくさんあります。

これは、犬の毛と相性があまりよくないために静電気が起きやすくなるので、できるだけ綿や羊毛素材のものを選んであげるといいでしょう。


◆衣類との相性からできる静電気対策はこちら

静電気体質の人必見!衣類の相性からできる即効対策とは?
乾燥シーズンに発生する静電気対策を、衣類の組み合わせから見直すことをご紹介しています。


また、洋服でも調節が難しいほど寒さを感じるようになったら、エアコン暖房やストーブなどの暖房器具を使う方法もありますが、一番のおすすめは湯たんぽ

人間用の大きなサイズを毛布にくるむと10時間ほどは保温されるので、留守中でも安心して使えます。

寒さに強い犬と弱い犬、同居時のおすすめ対策は?

この場合は、寒さに強い犬に合わせて室内の温度を低めに設定しておくのがおすすめ

寒さに弱い犬に合わせて暖房対策をすると、耐寒性のある犬種にとっては暑すぎて、脱水症状や熱中症の心配が出てきます。


留守中ならば、様子を伺うことができず尚更危険ですので、寒さに弱い犬には洋服を着せるなどして、対策をしてあげてください。

編集後記

犬種別や成犬、幼犬に限らず、人間と同じように犬にも個体差があります。そして、その日の体調にも違いが出てきますね。

愛犬が寒がりの子なのか暑がりの子なのかは、飼い主さんが一番詳しいので、日頃の様子と見比べながら調節をしてあげるのがベストだと思います。

いつも以上にくっついてくるなと思ったら、それは寒いという合図なのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする