パワースポット忍野八海の出口池を一番おすすめする理由とは?

パワースポット忍野八海の出口池を一番おすすめする理由とは?



20年以上もの長い歳月をかけて濾過された富士山の雪解け水が湧きだす忍野八海には、全部で8つの神秘的な池があります。どれもパワースポットとしての神聖な空気を感じることができるのですが、その中でも無駄口も慎んでしまう厳かな池がありました。

それは一番霊場の「出口池」。この池こそが、富士山のパワーを一番感じられるスポットなのではないでしょうか?

忍野八海の中心から少し離れた場所にあるのですが、ぜひ「出口池」まで行くことをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

パワースポット忍野八海とは?

江戸時代に富士道者が富士登拝をする前には、忍野八海で水垢離(みずごり)をして登山をしていました。

その忍野八海にある8つの池には、それぞれ法華経の教えのもと八大竜王が祀られていて、富士道者は一番霊場から八番霊場までの池を巡礼し、湧泉で身を清めたそうです。


富士登拝の無事を祈る地として、富士道者にとって重要な役目を担っていた忍野八海。ここでは、守護神八大竜王を祀る「八海祭り」が、毎年8月8日に盛大に行われてもいます。

忍野八海で最も重要な「出口池」の役割とは?

富士道者が八つの池を巡礼していた忍野八海ですが、ほとんどの観光客はこの「出口池」に立ち寄らず、他の7つの池を観光して帰るようです。


それはなぜか?


忍野八海の池が集中している観光地から、出口池1つだけが遠く離れているから。


けれど、この出口池こそ忍野八海の中で、最もパワースポットと言える場所。
実は、富士道者が巡礼した池の中でも、一番霊場として重要な役割をしていたのが「出口池」なのです。


忍野八海の中で唯一「出口池」だけが離れた場所に位置していて、出口池を見守るように出口稲荷大明神の神社も佇んでいます。


出口池の山肌に、出口稲荷大明神の神社が立っています。
【聖水に虹がかかったありがたい一枚を収めることができました。】


忍野八海の中で一番広い池ですが水深は50cmと浅く、他の7つの池に比べると、正直華々しさのない池でした。

それだけに、ひっそりと静まり返った場所で神々しさを醸し出し、いかにも神聖な地としての威厳を感じます。


それもそのはず。

この出口池の一番奥にある溶岩塊の下からは富士山の湧水がコンコンと湧きだしていて、富士道者たちにとってその水は「清浄な霊水」として崇められていたのです。

また、この水を富士登山に携行することで、無事に富士登拝したとされています。


そのため、出口池は「精進池」とも言われています。

神聖な趣きの中にある出口池と周辺画像

出口池には祭神「難陀竜王(なんだりゅうおう)」が祀られていて、パワースポットの名に相応しい景観を見ることができます。


八大竜王の中の難陀竜王(なんだりゅうおう)が祀られている出口池。


水深が浅いので池の水に深みのある青色は見られないのですが、透明度の高い澄んだ色をしていました。


出口池の面積は忍野八海の8つの池の中で最も広い。


出口稲荷大明神の神社への参拝もお忘れなく。
足元が悪いので、気をつけて階段をあがってくださいね。


出口稲荷大明神の神社へ参拝するための階段。


出口池を半時計回りに回って出口稲荷神社を過ぎると、出口池に湧き出している湧水の入り口が見えてきます。


出口池に湧き出す水を見ることができる場所。


出口池の湧き水が見られる場所の入り口。


上手く映っていないのですが、実際に行くとコンコンと静かに湧き出す水を見ることができます。
富士道者たちにとって、「清浄な霊水」とされた出口池の原水です。


パワースポットの源、忍野八海出口池に注ぐ富士山の湧き水。ぜひ見ることをおすすめします。


今でも生活用水に使われているらしき、立札を発見しました。


生活用水の汲み場所であることを示している立札。


ここだけ、時が止まったようですね。

遠くても「出口池」をおすすめする理由とは?

忍野八海に観光客が押し寄せるとともに、観光地化されてきた他の7つの池の周辺とは違って、中心から離れている「出口池」は最も古来に近い姿を残しています。


手を加えられた感じがなくて、自然なままの景観を見ることができたのは、出口池だけでした。


出口池がひっそりと横たわる林。他の7つの池から遠いけど、ここまで足を運ぶことをおすすめ。
【出口池は、この道路の右手に見える林の中にあります。】


それだけに、出口池はこの周辺も含めてひっそりと静かで、張り詰めた空気に緊張感さえあります。


恐らく、忍野八海へ観光に来た人の多くは、池の地図を見た途端に最初から出口池を除外してしまうのではないでしょうか?ちょっと、距離がありますから。


けれど、とても勿体ない話です。

この出口池が、忍野八海一番のパワースポットとして紹介されることは少なくありません。
大勢の観光客に押されず静かに拝むことができるので、少し遠いのですがぜひ足を運ぶことをおすすめします。

忍野八海中心から出口池までの所要時間

他の7つの池がある忍野八海の中心地から出口池までの所要時間は、徒歩で約15分です。


15分と言うと遠く感じるのですが、周りの景色を愉しみながら散歩がてらに歩いた所要時間なので、実際にはもっと近い距離にあります。


忍野八海へマイカーで訪れた場合、他の7つの池の観光を終えた後に、車で出口池まで移動するという手段もあります。

数は少ないながらも駐車場が用意されていますし、もともと観光客が少ないので、駐車待ちの心配はなさそうです。

忍野八海を予習なしで観光すると残念な結果に!?人工池の存在とは?
忍野八海にはいくつか人工池ができてるって本当?本物の池とを区別して観光を楽しめる現地の地図付きでご紹介。

忍野八海のご利益は?

1つだけ離れた別の場所にあると、わざわざ訪れるのが億劫にはなるのですが、観光を終えてみるとやっぱり出口池まで行って良かったと思います。

「出口池まで行った方がいい」というおすすめ情報も少ないですし、実際に出口池に到着してみると「え?」というほど何もないのですが、そんな静かな中に身をおくだけで、穢れを祓えそうな気がしました。

そんな忍野八海のありがたいご利益は浄化だそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする