関東で日帰りできる避暑地はどこ?密かにブームな驚きの森林探検とは?

関東で日帰りできる避暑地はどこ?今密かにブームな驚きの森林探検とは?



暑い日が続くと、つい日帰りできる場所に避暑地を求めてドライブに出かけてしまいます。都会の猛暑は自然の暑さとは違って苛立ちさえおぼえるので、ときにはこうして身も心もクールダウンしたくて遠方へ。

けれど、そんなに頻繁にお泊りで旅行に行くわけにもいかず・・・。そんなとき、関東から簡単に日帰りができて、気分転換にもなるお手軽な場所があるといいですよね。

今回は、ほとんど毎年行っている富士山周辺の一部をご紹介。富士山のすそ野にある、いくつもの富士山パワーに魅了されて、なんとなく惹きつけられるのです。

その中でも、今、驚きの場所が人気を集めていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

関東から日帰りできる絶好の避暑地とは?

関東地方で日帰りが可能な避暑地の1つが、富士山の麓の河口湖インター周辺。車で行ってももちろん、電車や長距離バスを使っても、関東各地からだと楽々で日帰りができます。

この周辺は大自然が広がる富士山の麓だから緑が豊かで、降り立つと都内との気温差をすぐに感じられる場所。真夏の昼夜の気温差が日によっては10℃前後にもなるそうですし、都内の一日中ムンッとした気候との違いがはっきり分かります。

しかも、さすが空気は澄んでいてとても綺麗!森でもない場所でも、つい深呼吸をしてしまいますね。


河口湖インター近くには、インターを降りてすぐの富士急ハイランドや、車で移動すること20分ほどでは忍野八海、また富士山の5合目まで上がれる富士スバルラインに、富士山の神様が祀られている河口浅間神社、富士山ならではの不思議な洞窟など、観光スポットが集まっています。

避暑地の中の避暑地!青木ヶ原樹海の散策

そんな観光地が集まるポイントで今人気を集めているのが、富士山のすそ野に広大な面積を持つ青木ヶ原の樹海探検

青木ヶ原の樹海と聞くと、いろんな噂から踏み込んでもいい場所なのかと躊躇してしまいますが、行ってみると意外に「東海自然歩道」という遊歩道がきちんと整備され、長距離の散策コースも用意されていて驚きます。


青木ヶ原樹海の中に整備された東海自然歩道は、関東から日帰りで行ける避暑地に最適。


今回、私たちが行った青木ヶ原の樹海の自然歩道入り口は、国道139号線から100mほどしか離れていなかったのですが、このポイントですでに周辺の騒音からは閉ざされて、風に揺れる木の葉の音と小さな動物の鳴き声が聞こえるだけ。

まさに、静けさに包まれた感覚と言った感じでした。


青木ヶ原の樹海は少し踏み込んだだけで静けさに包まれる。


大きな樹に囲まれた自然歩道から空を見上げると、今自分がすっぽりと森の中にいるのを実感。心が落ち着いて、瞑想までしたくなるので不思議です。


東海自然歩道から空を見上げると、森の中にいるのを実感できる。


これだけ大木に囲まれているので、当然ながら樹海の中はかなり涼しいです。関東甲信越地方でも場所によっては40℃近い気温になる中で、ここは異空間。どれだけ自然の緑が大切かを痛感させられますね。

青木ヶ原樹海のNG行動3選

1.自然歩道から外れるのはNG


青木ヶ原の樹海の中はすぐに迷うことで有名ですが、それは本当です。行ってみるとわかりますが、この「すぐに」は時間にしてたった数分です。

その理由は、樹海の中に入っていくと、急に周りが全部同じ景色になるから。驚くほど目印になるものが全くありません。

樹海の中では方位磁石が効かないとよく言いますが、行ってみるとそんなことは大した問題ではないとすぐに思うでしょう。方位磁石で方角が分かったからと言って、迷ったときに簡単に抜け出せるような場所ではないからなんです。


ちなみに、方位磁石が本当に使えないのか試してみたことがあります。


矢印画像


使えましたよ(笑)噂のようにグルグル回り続けることはありませんでした。


それでも、人はこの中で迷ってしまいます。今の時代、スマホの便利ツールにコンパスがあるにも関わらず、です。ですから、整備された自然歩道だけを散策するようにしましょう。

また、青木ヶ原の樹海は天然記念物国立公園特別保護地域などに指定されているので、指定された場所以外への立ち入りは禁止となっています。


天然記念物や国立公園特別保護地域などに指定されている青木ヶ原の樹海では、指定場所以外への立ち入りは禁止。

2.本気で長距離散策するのはNG


前述のように簡単に迷ってしまう樹海なので、いくら自然歩道が用意されているからと言って長距離を単独で散策するのは避けた方がいいと思います。途中には立て看板も用意されているのですが、細い遊歩道もあって、どれが本線か分からなくなるからです。

中には、迷いやすい事例が多発したことから、進入禁止のロープが張ってある遊歩道もあるそうです。初めて樹海の散策に来たときには、あまり奥に入り込まない方がいいでしょう。


東海自然歩道には、遊歩道でも迷いやすい小道が多い。


国道139号線沿いには、樹海の中にある洞窟として人気の「鳴沢氷穴」と「富岳風穴」があって、この2つの洞窟を東海自然歩道で行き来することができます。2つの洞窟の距離は、車で移動すると3分程度。まずは、この間の自然歩道を散策してみるのがおすすめです。

3.自然のものを採取するのはNG


国立公園特別保護地域などに指定されている樹海の中では、山菜や溶岩などの採取は違法になります。林道を歩いているだけでも緑に輝くキレイな苔が広がっていますし、溶岩もゴロゴロと落ちています。ちょっと変わった植物もチラホラ。

けれど、これら全て持ち帰りはNG。当然のことながら、動物をいじめてもいけません。

本気で樹海探検するならツアーを利用!

少し散策をしただけで、もっと森の奥を探検してみたくなるのが樹海の魅力。つい、あと一歩、もう一歩と進んでしまいそうになるんです。

もし、本気で樹海を探検したいと思ったら、青木ヶ原樹海ネイチャーガイドツアーなどの樹海探検の専門ツアーがいくつかあるようなので、こうした機関を利用するといいですよ。安全で楽しい探索になりそうなので、いつか我が家も行ってみたいと話しています。


青木ヶ原の樹海は名前だけでも怖がられてしまうような場所ですが、もともとはそう言った曰くつきの森林ではなかったようです。それよりも、溶岩流のデコボコの上を覆いつくす緑色の苔と、その間を這うように伸びる樹の根や、見たことのない植物に聞いたことのない動物の声など、大自然の魅力がギュッと詰まった美しい森です。

ぜひ、専門家の案内で、樹海を探検してみたいものです。


溶岩流の上を覆いつくす濃い緑色の美しい苔が、さらに避暑地の雰囲気を醸し出す。

東海自然歩道入り口へのアクセス

青木ヶ原樹海の散策入り口は至るところにありますが、その中で今回私たちが行った場所は富岳風穴という洞窟があるポイントでした。そのすぐ隣に、樹海の奥へと進める東海自然歩道の入り口があります。

1.車でのアクセス


中央自動車道、東富士五湖有料道路ともに、河口湖ICから約20分。国道139号線を西湖・本栖湖方面に向かって進むと、左手に「鳴沢風穴」が見えてきます。さらにそのまま2~3分進むと、「富岳風穴」に到着します。

2.公共の乗り物でのアクセス


電車、高速バスともに、河口湖駅下車。
路線バスなら、河口湖駅から約30分で「風穴」バス停に到着。
レトロバスなら、河口湖周遊線/西湖・青木ヶ原周遊線利用で、「風穴」バス停下車。

ホントにあった友人の怖い話し

富士山の麓で生まれ育った友人が、子供の頃に家族と一緒に青木ヶ原の樹海を散策していて、簡単に道に迷い抜け出せなくなったと言っていました。

話を聞いていると、そんなに奥に入り込んだわけではなさそうなんですよね。けれど、迷いに迷って1時間ほど道を探し回って、ようやく近くを走る車のエンジン音を聞きつけたそうです。やっとの思いでその道に出てみると、なんと自分たちが入った入り口から数分の場所だったとのこと。迷っている間は、全然違う方向に進んでいる感覚だったそうですが、実はそんなに離れてなくて、大きな道路は間近にあったそうです。

しかも、この大きな道路と言うのは交通量の多い国道だから驚きです。青木ヶ原の樹海は、国道のすぐ横で遭難してしまう不思議な森なんです。


青木ヶ原の樹海では、交通量の多い国道のすぐ横でも遭難してしまう。


地元育ちの家族なのにお父さんは顔面蒼白になるし、もうダメかと本気で緊張が走ったと言っていました。それくらい、樹海の中では外部からの音が閉ざされて、方向を見失います。

我が家では何度か真夏の避暑地を求めて樹海に行ったことがありますが、自然歩道を利用していても、せいぜい片道20分程度までしか進みません。決して、面白半分で樹海の奥深くには入り込まない方がいいと思います。

編集後記

青木ヶ原の樹海は本当に美しくて、しかも外部とは比にならないくらい涼しい森です。都内から日帰りできる避暑地として少しずつ人気が出てきているようなのですが、まだまだ怖い噂が先行しているのか森の中の人の気配は少ないですね。そう言った意味でも、静かに避暑地を楽しめるのではないでしょうか?興味があれば、ぜひ散策してみてください。

けれど、くれぐれも森の奥に入りすぎないようにご注意を。

関東甲信越の穴場な避暑地を発見!青木ヶ原の樹海にある人気の洞窟とは?
真夏こそ避暑地を求めて家族と出かけたい!関東甲信越地方にある穴場的な洞窟をご紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする