JAL都道府県コンプリートシールを初ゲット!収集しづらい裏事情とは?

JAL都道府県コンプリートシールを初ゲット!収集しづらい裏事情とは?



JAL都道府県シールのコンプリートシールを、このたび初めていただきました。

運が悪かったのか、搭乗すれどもすれども47都道府県シール全部をなかなか集めることができず。けれど、やっとこの夏に初のコンプリートです。

今回は、JALから都道府県コンプリートシールが届くまでの工程をご紹介。そして、47の都道府県シールで収集が難しかった県名や、主観的ですがその裏事情を、ブログにまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

JAL都道府県コンプリートシールについて

まずは、「JAL都道府県シール」って何?と言うことからザックリとご紹介。これから、JALを利用する予定があれば、ぜひご参考に、JALの旅を楽しんでみてくださいね。


コンプリートシールがなかなか貰えなかった裏事情をさっそく見たい場合は、「JAL都道府県シールを収集しづらい裏事情とは?」へ、コンプリートシールのもらい方を見たい場合は、「JALコンプリートシールのもらい方」へどうぞ。

1.JAL都道府県シールキャンペーンとは?


正式名称である「JAL TODOFUKEN SEAL」は、2017年10月から始まった、JALに搭乗すると都道府県シールが貰えるというイベントの第2弾。第1弾が以前に実施されて、とても好評だったとのことで、第1弾終了後すぐに、この第2弾が始まりました。

第2弾のキャンペーンは、2019年3月31日まで実施されています。


いずれも、乗務中のCAさんが各自胸元に付けている都道府県バッジをシール化したものを、JALの乗客が貰えると言うシステムです。


各都道府県の観光名勝がデザインされたJAL都道府県シール
【各都道府県の観光名勝がデザインされたJAL都道府県シール】


ただ、黙って座っていても貰えないのが面白いところ。


「都道府県シールをください」とCAさんにお願いして初めて貰えるので、乗客にとっては少々勇気のいるイベントでもあります。



どうして、こんなに面倒くさいキャンペーンなのか?
全員に配ってもいいんじゃない?

と思われるかもしれません。


けれど、このキャンペーンにはJALのCAさんの、「乗客の方ともっとコミュニケーションを取りたい」という熱い想いが込められていて、ぜひ気軽に話しかけて欲しいという趣旨から始まったそうです。


CAさんはそれぞれに思い出の地にあたる都道府県をバッジにして胸元に付けていて、都道府県シールを貰う時に、どうしてその地に思い出があるのかを聞くことで、話を盛り上げようというのが狙いになっています。



ということで、乗客は実は全然「勇気を振り絞る」必要はなくて、遠慮なくCAさんに話しかけることができるという素晴らしいイベント。

CAさんって憧れの存在で、しかも、いつも忙しそう。なかなか雑談を持ちかけようなんて思えないですしね。ぜひ、堂々と話しかけてみてください。

2.JALコンプリートシールとは?


そして、めでたく全47都道府県分のJAL都道府県シールが集まると、日本地図がデザインされたコンプリートシールというものが貰えます。


第1弾でのJAL都道府県シールキャンペーンでは、コンプリートシールのデザインは1種類。けれど、期間中に何度もコンプリートする乗客のために、今回の「JAL TODOFUKEN SEAL第2弾」では、4種類のコンプリートシールのデザインが用意されているようです。

1回でもコンプリートするのは大変なのに、4回もコンプリートする人がいるなんて強者ですね。



第2弾でもらえるコンプリートシール4種類は、1枚目から順番に受け取ることが可能。その各デザインの応募受け付け期間は、次のようにさみだれ式に決まっています。


デザイン 応募受け付け期間
デザイン1 2017年12月20日から2019年4月10日まで
デザイン2 2018年4月1日から2019年4月10日まで
デザイン3 2018年8月1日から2019年4月10日まで
デザイン4 2018年12月1日から2019年4月10日まで


2018年12月1日以降に4セット分のJAL都道府県シールを事務局へ送ると、4種類のコンプリートシールをまとめてもらうことができます。



ちなみに、第2弾のキャンペーン実施期間が2019年3月31日までなので、JAL都道府県シールの配布は3月31日で終了

万が一、3月31日で47都道府県全部のシールが集まったら、大急ぎで事務局へ送りましょう。

3.JALコンプリートシールのデザインは?


さて、47都道府県シールが集まったら、全部のシールを「JAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局」へ送ります。すると、しばらくして使用済みを示す消印風記念スタンプが押された都道府県シールとともに、コンプリートシールが自宅へと届きます。


JAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局から届いた封書
【JAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局から届いた封書】


使用済みの都道府県シールには、1枚1枚丁寧に消印風記念スタンプが押されていました。しかも、私が都道府県順に並べて送ったからなのか、そのままの順番で戻ってきたという素晴らしさ。


さすが、日本航空さんです。



記念のコンプリートシールは、豪華な色を感じさせる赤い紙フォルダーの中に美しく挟み込まれていましたよ。そして、コンプリートシールは、シルバー色でメタリックな感じが高級感を醸し出しています。


JALマークの赤いフォルダに閉じられた高級感のあるコンプリートシール
【JALマークの赤いフォルダに閉じられた高級感のあるコンプリートシール】


使用済みの消印が押されたJAL都道府県シールとコンプリートシール
【使用済みの消印が押されたJAL都道府県シールとコンプリートシール】

JALコンプリートシールのもらい方

都道府県シールを「JAL TODOFUKEN SEALコンプリート事務局」へ送ると、まず、2週間ほど過ぎた頃にJALから「コンプリートシールを発送しました」という連絡メールが届きます。

そして、その2日後あたりには、郵便ポストにコンプリートシールが投函されていました。


けれど、タイミングによっては、都道府県シールを送って数日で、コンプリートシールが自宅に届いたという方もいるようです。



もし、1ヶ月以上過ぎてもJALから何も連絡がなければ、問い合わせてみた方がいいかもしれないですね。


47都道府県シールをコンプリート事務局へ送る途中に紛失するのが心配なら、ちょっと料金がかかりますが追跡サービスの付いたものを利用するのがおすすめ。

ちなみに、JALからのコンプリートシールは、日本郵便のゆうパケットで送られてきました。これだと、JAL都道府県シールの場合は全国一律250円(厚さ1㎝以内)で送ることができて、しかも追跡サービスがついているので便利そうです。

JAL都道府県シールを収集しづらい裏事情とは?

あくまでも私の個人的な感想ですが、CAさんが所持している都道府県シールには、かなり偏りがあるように思います。


CAさんは、思い入れがある土地や思い出深い場所の都道府県バッジを胸に付けているので、比較的観光地として行きやすい場所が多いのではないかと。

ですから、北海道、東京、神奈川、大阪、福岡、熊本のJAL都道府県シールは、すでに2桁分の枚数が手元に集まっています。北海道は、なんと19枚も・・・。

けれど、岩手、群馬、岐阜、滋賀、長崎、佐賀、徳島、山口は、なかなか集まりません。



それぞれに観光名勝はありますが、空港が小さくてアクセスがあまり便利ではないから?なんて、勝手に思っています。



我が家がJALに搭乗する年間の回数は、片道を1カウントとして70回弱。その1回の搭乗でもらえるJAL都道府県シールの枚数は、少ないときで2枚くらい、多いときだと5枚以上。

2017年10月からシールを集め始めて、現在のところ合計で200枚を超えました。


けれど、この時点でもさきほど挙げた枚数の少ない都道府県は、やっぱり集まりにくいんですね。



クチコミを見ると、広島県山口県岡山県が少ないとあって、確かに意外にも広島の都道府県シールは私の手元にも2枚しかありません。



最初は、搭乗する路線に左右されるのかと思っていました。たとえば、東京-札幌間に搭乗すると、北海道や東京の都道府県シールが集めやすいとか。

けれど、我が家は広島空港もよく利用するのに広島県のシールは2枚なので、路線との関係はあまりないようです。伊丹空港と福岡空港を利用するときには、兵庫県と福岡県をもらうことが多いんですけどね。

やってみて分かった集めにくいレアシールは?

1.JAL TODOFUKEN SEAL第1弾のレア


JAL TODOFUKEN SEAL第1弾では、鳥取県島根県の都道府県シールがレアだと噂されていました。

CAさんの間でもこの2県はレアだと噂されていて、「私たちも滅多に見かけないんです」と仰っていました。


残念ながら、我が家がJAL都道府県シールのキャンペーンに気づいたのが、第1弾の終了に差し迫った頃。ですので、第1弾ではほとんど集めることができなかったのですが、この頃のデザインは千社札風。


JAL都道府県シールキャンペーン第1弾で配布されていた千社札風のシール
【JAL都道府県シールキャンペーン第1弾で配布されていた千社札風のシール】


今回の第2弾のデザインとはまったく違って、とても日本らしさを感じさせますね。

2.JAL TODOFUKEN SEAL第2弾のレア


第1弾のときにレアシールだと噂になったからか、第2弾では鳥取県と島根県の都道府県シールはすぐに集められるようす。我が家でも、島根県のJAL都道府県シールはすでに7枚あります。


第2弾のデザインは、千社札タイプとはガラリと変わって切手風。今度は、各地の観光名勝が美しく描かれていて、眺めていると旅をしたくなる気分にさせてくれます。


JAL都道府県シールキャンペーン第2弾で配布されている切手風のシール
【JAL都道府県シールキャンペーン第2弾で配布されている切手風のシール】


そんな中、我が家が第2弾のキャンペーンでレアだと思っている都道府県は・・・


  • 岩手
  • 愛媛
  • 長崎
  • 徳島
  • 山口


そして、準レアチームは・・・


  • 群馬
  • 富山
  • 滋賀
  • 和歌山
  • 岡山
  • 広島
  • 香川
  • 大分


キャンペーン期間中にあと3種類のコンプリートシールをもらうには、ちょっと間に合わないかもと言った枚数しか、まだ手元にありません。

編集後記

JAL都道府県シールを47県分集めるのは結構ハードルが高いので、どうしてもコンプリートシールを欲しいと思う人は、メルカリやヤフーオークションで買うこともあるようです。相当な枚数が出回っているようですし。

けれど、私はありがたいことにJALに搭乗する機会が割とあるので、これからも自力でなんとか収集したいと思います。目指せ、JAL都道府県コンプリートシール2回目GETです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする