誰でも簡単5倍増し!?楽天ふるさと納税の驚きのメリットとは?

誰でも簡単5倍増し!?楽天ふるさと納税の驚きのメリットとは?



ここ数年、ふるさと納税を楽しませてもらっている我が家。

先日は、鹿児島県の長島町から、返礼品として「長島特選さつま揚げセット」が届きました。


今回の長島町への寄付には、楽天市場の「楽天ふるさと納税」サイトを利用したのですが、楽天のポイント還元率があまりに素晴らしいので、ちょっとまとめてみました。

日頃のお買い物感覚でふるさと納税が簡単にできる、楽天ふるさと納税サイト。
どのくらいのメリットがあるのか気になったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそも、ふるさと納税って何?

ふるさと納税とは、自分が応援したいと思った自治体に寄付をすることで、所得税の還付や住民税の控除が受けられる制度。


個人の所得の条件にあった寄付金額で寄付をすると、結果的には自己負担額2,000円で、控除や還付にプラスして、自治体から返礼品までいただけます。



簡単にイメージすると・・・

たとえば10,000円をA市に寄付したら、A市から4,000円前後の返礼品が贈られてきて、さらに2,000円寄付金として支払ったのと同程度まで税金が安くなる制度。


ですので、所得があって、税金を払っていないとメリット薄です。



寄付者にとっても自治体にとっても嬉しい制度なのですが、このところ返礼品の内容が豪華になりすぎて、返礼品競争が白熱していることに疑問が発生。

その過激な返礼品競争を抑えるために、2017年の春には「返礼品は寄附金額の3割を上限に設定」するよう、総務省から自治体に発表があったほどです。

ちょっとトーンダウンしましょうよ、と言うことですね。



最近は、「ふるさと納税=返礼品」のようなイメージになってきていますが、もともとふるさと納税は、返礼品のやり取りがメインではなかったんですね。

あくまでも、自治体の教育や福祉、街の整備などを応援するというのが、一番の目的です。


その寄付をしてもらったお礼に用意されているのが各地の特産品なので、返礼品は「おまけ」くらいに考えておくと良いと思います。



むしろ、ふるさと納税で寄付をした後の確定申告が一番大切

申告をして受けられる税金の還付や控除のメリットがとても大きいので、確定申告の予定は翌年の手帳の一番最初に書いておくと忘れないでしょう。

楽天ふるさと納税サイトとは?

去年初めの頃までは、「ふるさとチョイス」や「さとふる」など、ふるさと納税制度に特化したポータルサイトがメインでした。


けれど、その後楽天ポイントが貯まる「楽天ふるさと納税」サイトや、マイル交換ができる「ANAのふるさと納税」サイトなどが登場。

今では、ふるさと納税する先を、寄付者の生活スタイルに合わせて選べるという、嬉しい時代がきたと言った感じです。



その中でも楽天ふるさと納税は、ふるさと納税で貯まった楽天ポイントを他の商品購入に使えたり、逆に楽天ポイントでふるさと納税ができるなど、とてもメリットの大きなサイトと言えます。



だからと言って、ポイント還元制度のないポータルサイトにメリットがないわけではありません。

たとえば、ふるさと納税サイトに参加している自治体数は圧倒的に「ふるさとチョイス」が多くて、「楽天ふるさと納税」の10倍を占めています。


  • 楽天ポイントを貯めることをメインにするのか?
  • できるだけ多くの自治体から寄付先を選ぶのか?
  • 返礼品の到着までがスムーズで好評価なサイトを選ぶのか?


こんなメリットに着目して、利用するサイトを決めるのがおすすめです。

楽天ポイントを5倍増しにする方法とは?

その中で、日頃から楽天ポイントを利用してショッピングすることが多い我が家では、今年からふるさと納税先を楽天ふるさと納税のサイトに変えました。


さらに、楽天カード所持者なら、いつあるのか分からない楽天スーパーSALEを狙わなくても、ちょっとした工夫でいつでも簡単に、楽天ポイントが倍々に貯まるんです。



さらに、さらに、スマホ利用者ならすぐに5倍まで到達!


それでは、我が家がやっている方法を、ステップ1から3段階でまとめてみますね。

楽天カードがなくても楽天ポイントは2培以上貯まるので、ぜひご参考ください。

STEP1:楽天ふるさと納税の利用でまず1倍


「楽天ふるさと納税」で寄付をするだけで、まずは誰でも楽天ポイントを1%(1倍)受け取れます。


矢印画像


仮に、10,000円の寄付をすると、100ポイント貯まる計算です。

STEP2:楽天アプリで簡単にプラス1倍


「楽天ふるさと納税」を利用するときには、スマートフォンに楽天アプリをダウンロードするとメリット大

その楽天アプリから寄付をすると、さらに1%(1倍)の楽天ポイントが加算されます。


矢印画像


「Step1」の100ポイントに対して、さらに100ポイントが加算される計算。
これで、2倍の200ポイントを獲得です。

STEP3:楽天カード払いで一気に3倍


「楽天ふるさと納税」の寄付金決済で楽天カードを利用すると、3%(3倍)の楽天ポイントが付きます。


矢印画像


「Step1」と「Step2」の200ポイントに対して、一気に300ポイントが加算される計算。
これで、5倍の500ポイントです。



こうして貯まった500ポイントは、楽天市場で500円分として使うことができるので、ふるさと納税の自己負担金2,000円が1,500円になったと計算することができます。

さらに楽天ポイントを1倍上積みする方法

楽天ポイントが5倍になっただけでもメリット満載ですが、もしいつもお使いのアレコレなら、さらに1倍を加算することができます。


それは、スマートフォン楽天モバイルであること。


もし、すでに楽天モバイルを使っているなら、前述のStep1に対してさらに1%(1倍)の100ポイントが自動で加算されます。



これで、合計6%(6倍)のポイント還元!

前述の例にあげたポイント数は、あくまでも10,000円のふるさと納税寄付をした場合です。
もし20,000円の寄付金ならば、その金額の倍率になっていきます。

年に数回さらに割増しチャンスが到来!

これが、先程ちょっと触れた「いつあるのか分からない楽天スーパーSALE」ですね。


以前は、この楽天スーパーSALE中にふるさと納税を利用することで、「ポイント10倍獲得」などのメリットがありました。

けれど、2017年の春に総務省から「返礼品の還元率は3割以内」という発表を受けて、この冬からは高いポイント還元率を返礼品に指定している自治体はなくなったようです。



それでも、「楽天ふるさと納税」サイトはやっぱりおトク。

「楽天スーパーSALE」のお買い物マラソンを完走することで、さらに高い還元率を狙うことができます。

ふるさと納税と楽天カード払い2つの注意点

ふるさと納税は税金の還付や控除が受けられて、寄付者にとってはありがたい制度なのですが、その方法を間違うとメリットがほぼゼロになってしまいます。

ふるさと納税をポータルサイトで利用するときには、こんな点に注意してみてください。

1.所得のある人の名義で寄付をする


所得のない方がふるさと納税に寄付をしても、返礼品は届きますが税金の還付や控除は受けられません。


たとえば、10,000円の寄付をして返礼品にさつま揚げセットをいただいたとしても、単純に10,000円でさつま揚げを買ったことになります。


鹿児島県の長島町から届いた、ふるさと納税返礼品の「長島特選さつま揚げセット」


こうなると、もはやただの超高級さつま揚げ。

ふるさと納税に寄付をするときは、世帯内の所得のある方の名前で寄付をするように気をつけてください。



また、所得があってもその所得額や、独身か扶養ありかなどの条件でも変わってきます。

逆に、ふるさと納税の上限額も所得に合わせて違うので、検索サイトで表示される控除シュミレーターページなどを利用して確認してみるのがおすすめです。


たとえば「楽天ふるさと納税」サイトだと、こんな「控除金額シュミレーター」が。

矢印画像

◆楽天市場サイトが提供する『控除金額シュミレーター』



控除シュミレーターは、「楽天ふるさと納税」サイトだけでなく他のサイトでも提供されているので、使いやすくて信用できるものを選ぶと良いと思います。

2.寄付する本人名義の楽天カードで支払う


支払い決済に利用する楽天カードが、ふるさと納税に寄付をする本人名義であることを確認してください。


これは、楽天カード払いだけでなく、他のクレジットカード払いでも同様。


ふるさと納税制度は、寄付から支払い決済、そして確定申告まで一貫して、寄付者の名義で行います。

編集後記

ふるさと納税で応援する自治体から届く返礼品は、それだけでもボリュームがあって嬉しい!

それなのに、普段使いしているショッピングサイトの恩恵も受けられるとなると、寄付する側のメリットはさらに大きいです。

制度がかなり流動的なので、またもや総務省から待ったがかかるかもしれませんが、今後も「楽天ふるさと納税」サイトに続くところが登場する可能性もありそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする