レートがこんなにお得!フィリピンペソを現地で両替するべき3つの理由とは?

レートがこんなにお得!フィリピンペソを現地で両替するべき3つの理由とは?



海外旅行へ出かけるときに、現地で両替するべきかどうか悩みますね。

フィリピンの場合は、結論を先に言ってしまうと、現地で両替する方が手数料が安く、断然お得です。

今回は、フィリピンへ出発する前にまったくフィリピンペソを持たずに出かけても大丈夫なのか?現地で両替をすると、どれくらいお得なのか?などを、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

現地両替がおすすめの3つの理由とは?

海外旅行前に少しでも現地通貨を持っていると安心ですが、フィリピンの場合は日本で両替をせずに出かけても大丈夫でした。

不安なら、もちろん日本で先に両替をして持参するといいのですが、現地で両替をしてもとくに困らなかった理由を、ここでは3つに絞ってまとめてみたいと思います。

1.フィリピンペソの両替レートのお得度


日本で外貨に両替しようと思うと、高い手数料が気になります。


初めて訪れる国の場合、現地に到着した直後に何があるかわからないので、多少なりとも現地通貨に両替をして出かけるのですが、そのときの両替レートより手数料にばかり気を取られることに。



けれど、やっぱりフィリピンペソは、現地での両替が断然お得でした。

どれくらいお得だったかは、『レートがこんなにお得!フィリピンペソを現地で両替するべき3つの理由とは?』ページの後半でご紹介したいと思います。


フィリピンペソの紙幣

2.マニラ空港での空港利用税


数年前までは、マニラでフィリピンの国内線に乗り換えるときに、空港利用税としてフィリピンペソで200ペソの現金を支払っていました。


けれど、最近はエアーチケットに含まれているようで、今年フィリピン内で国内移動をするときには、マニラ空港での支払いはありませんでした。



また、もしこの空港利用税がエアーチケットに含まれていないとしても、フィリピンへ入国するときには徴収されることはありません。

フィリピン国内の各都市へ移動するときに発生するものなので、一旦入国審査を済ませた後に、マニラ空港内にある両替所でフィリピンペソに両替しても、十分間に合います。


フィリピンペソへの両替は、マニラ空港内でもできるので安心
【マニラ(ニノイ・アキノ国際空港)第2ターミナルビル内】


ご参考までに、逆にフィリピンを出国するときにも空港利用税が発生します。

帰国のときには念のため、手元に1人あたり1,000ペソほどのフィリピンペソを残しておきましょう。



出国時の空港利用税も、エアーチケットに含まれている場合があり、今回私がフィリピンを出国するときには、現金での支払いは一切ありませんでした。


この空港利用税は、現地ではTERMINAL FEE(ターミナルフィー)と呼ばれているようです。エアーチケットの取り方によって変わってくると思われるので、気をつけておいてくださいね。

3.フィリピンペソの持ち込み制限


フィリピンでは、入出国のときに持ち込んだり持ち出したりできる金額に限度額が設けられていて、フィリピンペソの場合は1万ペソまでというルールがあります。


それを超えると、申告が必要


もし日本でフィリピンペソに両替をして持ち込む場合は、1万ペソ以内にしておくように気をつけてください。

フィリピンペソの両替レートお得度の比較

今回、日本の外貨両替専門店トラベレックス(Travelex)で、2万円分をフィリピンペソに両替して出かけました。


そして、現地ですぐにまた現金が必要になったので、ダバオでの宿泊先の近くにあるSMモールで、同じく2万円分をフィリピンペソに両替。



すると、日本国内での両替レートと現地フィリピンとではこんなに違って、現地での両替がとてもお得でした。



◆日本国内で両替した場合
20,000円 ⇒ 8,000フィリピンペソ


日本で、日本円をフィリピンペソに両替したときのレシート



◆フィリピンで両替した場合
20,000円 ⇒ 9,480フィリピンペソ


現地フィリピンで、日本円をフィリピンペソに両替したときのレシート



この差は、1,480フィリピンペソ。日本円にして、約3,000円です。


フィリピンでの3,000円って、結構大きな金額になります。
ちょっと外食をしても、普通のレストランならたっぷりとお釣りが戻るくらい。


観光ともなると、現金化することが多いと思うので、フィリピンの場合はぜひ現地で両替をすることをおすすめします。



両替レートは日々動いているし、同じフィリピンの中でも地域によって違いがあります。いつでも同じだけお得になるわけではないのですが、ご参考までに比べてみてくださいね。

フィリピンペソ両替時の注意とは?

1.両替時に持参するもの


フィリピンに限らず、海外の両替所で両替をするときには、大抵の場合パスポートの提示を求められます。

現地で両替に行くときには、必ずパスポートを持って行くようにしてください。

2.両替商を利用するとき


特に、街中にある個人商店のような両替所を利用するときは、両替レートの計算に気をつけることをおすすめします。


セブ島のマクタン島にある両替所
【セブ島のマクタン島にある両替所】


どの両替所も、当日の両替レートを表示していますが、外国人観光客がまだ現地通貨に慣れていないのをいいことに、ごまかす店舗が多々あるからです。


両替レートを計算して、戻ってきた現地通貨に間違いがないかを確認しましょう。

また、必ず両替レシートも受け取ります。



私がフィリピンの小さな両替商で両替をしてもらうときには、まずその日のレートで現地通貨を計算して提示してもらい、納得したら日本円を差し出すようにしていました。


面倒がらずに提示してくれる両替商は、信頼できるところだと思っています。

両替後すぐにやっておくと便利なことは?

フィリピンペソに両替をしたら、できるだけ早く、小さな単位のお金に換えてしまうと便利です。


両替所では、コインにまでは換えてくれないので、近くのモールなどで商品を購入して、細かなお釣りをゲットします。


フィリピンペソのコイン、5フィリピンペソ


フィリピンでの生活では、何かと単位の小さなお金が必要。

一番小さな紙幣の単位が20ペソなのですが、実際には5ペソだの、7ペソだのと、コインレベルが必要なケースが、フィリピンでの日常生活には溢れています。

編集後記

海外でクレジットカードの利用が当たり前になっているとは言っても、やっぱり現金が必要な場面は多いですね。

ましてや、フィリピンなど物価の安い国になると、日頃よく使う単位が日本円にして十円代ということが頻繁にあるので、フィリピンペソへの両替は必須になってきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする