超穴場のお出かけスポット茨城編!1日で遊び尽くせず格安な体験型牧場とは?

超穴場のお出かけスポット茨城編!1日で遊び尽くせず格安な体験型牧場とは?



晴れた休日に家族と出かけて、存分に体力を使って寛ぐこともできる場所。そんな思い思いの過ごし方ができるお出かけスポットを1つ知っておくと、とても便利ですよね。しかも、人が少なくてのんびりできるとあれば最高です。

今回、それを叶えてくれる理想の牧場テーマパークを茨城県に見つけてきました。本当は内緒にしておきたくなるほどの超穴場なのですが、やっぱり素敵なお出かけスポットはつい紹介したくなります!

以前は「ポティロンの森」という名称だった茨城県にあるこの牧場。今は「こもれび森のイバライド」という新しい名前で、2016年3月からリスタートしていました。何が超穴場のお出かけスポットなのか、まずはそこからご紹介しますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

超穴場のお出かけスポット3つの理由は?

1.晴天の日曜日なのに人が少ない


茨城県にある「こもれび森のイバライド」に行ったのは、完璧な晴天の日曜日。それにもかかわらず、牧場内は人がまばらでまったくの混雑なし。膨大なスペースを用意しやすい土地柄を活かした、2,000台もある駐車場の利用率はわずか10分の1ほど。

あまりの来園者数の少なさに驚きです。

フランスの牧場をテーマにした「こもれび森のイバライド」の園内は、プロヴァンスの村に迷い込んだような美しい町並み。こんなに長閑でおしゃれな牧場を、一家で独占したかのような錯覚に陥るほど、適度な人影がちらつく程度のノンストレスな場所です。


茨城県にある、プロヴァンスの村を思わせる美しい風景の「こもれび森のイバライド」。

2.茨城なのに都心からの利便性Good!


「こもれび森のイバライド」は東京都心から車でわずか90分の場所にあって、圏央道の稲敷ICを降りたら10分ほどで到着します。成田空港の近隣をイメージすると、都心からの位置関係が分かりやすいかも。

「こもれび森のイバライド」周辺には茨城県の広大な田園風景が広がっていて、6月のこの時期は青々としたお米の稲がとてもキレイな場所でした。

3.茨城の立地を生かした格安設定


大人一人1,000円の入園料に始まり、園内のいたるところでの料金設定が格安。駐車料金も1台500円と設定されながら、園内の利用方法によっては実質0円になるし、ランチ代も良心的な価格設定です。

「こもれび森のイバライド」園内での遊具を利用するには、何かと細々とした支払いが必要になってきますが、大人も子どもも同一料金の『1DAY 遊具フリーチケット1,500円』を利用すれば、かなり費用を安く抑えられます。

何ができるの?体験型牧場

価格設定が低いとか、交通の便がいいとか、混雑しないとか、よく探せばそんなお出かけスポットはまだ他にもあると思います。けれど、茨城県「こもれび森のイバライド」を超穴場のスポットだと思った理由は、さらにこんなに退屈することがないから。

これでどうして来園者がこんなにも少ないのか疑問に思うほど、園内のアトラクションや見どころが充実しているんです。

1.身体を動かす


リスタートと同時にオープンした『こもれびアドベンチャー』は、活発な子供たちだけでなく、童心を忘れかけた大人も本気で遊べる絶好のアスレチック。自分でロープを付け替えながら高さ3mの場所を移動していくので、身体だけでなく頭も度胸も必要です。


自分でロープを付け替えながら高さ3mの場所を移動していくこもれびアドベンチャー。


また、『ロングジップスライダー』は往復で360mもあり、池の上を滑走する体感は空中遊泳をしているよう。


池の上を滑走する体感は空中遊泳をしているような感覚になれるロングジップスライダー。人が少ないので超穴場。


かなり本気のこの2つのアスレチックは、1回が1,500円と驚きの価格設定。近隣のジップスライダーが3,000円代のところもある中で、「こもれび森のイバライド」は安すぎます!

さすがに、1DAY 遊具フリーチケットの代金には含まれませんが、けれど1DAY 遊具フリーチケットの利用者なら、これらの2大アスレチックは500円引きになるようです。


その他にも、体重を前方にかけると前に進む近未来の乗り物インモーションや、ジャブジャブ池芝すべり台など、1日では時間が足りないほどの遊びがいっぱい。

汗と泥にまみれた後の、着替えとタオルの用意は必須ですね。

2.情緒を育む


そして、なんでも作ってみたい気持ちでワクワクの子どもたちが喜びそうなことは、何かと手作り体験ができるコーナーが設けられているということ。我が家では、子供と出かけるときには、必ずと言っていいほど手作り体験コーナーを利用してきたのですが、「こもれび森のイバライド」の体験コーナーの数は、このスケールのテーマパークにしてはかなり豊富だと思いました。


ソーセージアイスクリームパンなどの食べ物に始まり、オカリナの絵付けアロマストーンアロマリップなど、出発前から何をするか決めておかないと迷っている内に1日が終わってしまいそうなくらい、たくさんの体験が用意されています。


体験教室が豊富な、絶好のお出かけスポット「こもれび森のイバライド」。


我が家の娘は、女子高生となった今も体験教室が大好き。今回もまた、キャンドルを作っていました。これまで何個作ってきたのでしょうか。けれど、その出来栄えには年齢ごとの成長が見られて面白いです。

3.癒される


また、身体も頭も使わず、ただただ自然と一体化して風情ある景色を味わうこともできます。広大な土地に用意された至るところにある花畑は、四季折々の美しい色合いを見せてくれそう。どこに行っても、今の季節ならではの花が視界に入ってくるのが印象的でした。

4.犬も大はしゃぎ


ペットのワンコ連れも安心。犬もしっかりと身体を動かせるように、旧ポティロンの森以上にドッグランが拡大されていました。大型犬と小型犬が別々のエリアで思いっきり遊べるように、「こもれび森のイバライド」の側面を広範囲に渡って、犬用に開放してあります。


旧ポティロンの森のときにあったドッグランでは、大型犬も小型犬も同じエリアの中を移動していたため、我が家のチワワがゴールデンレトリバーに追いかけられるという苦々しい思い出が・・・。遊びが大好きなゴールデンレトリバーなので、ただじゃれたいだけだったと思うのですが、万が一噛まれたら、チワワなんてひとたまりもありません。

けれど、今は完全に別エリアを設けてあるので、これなら安心して遊ばせますね。


まさに「こもれび森のイバライド」は、子どもも大人もワンコも、五感をフル活用して体験できるお出かけスポットに間違いなしです。帰りの車の中では、クタクタに遊び疲れた子供やワンコのぐっすり眠り込む天使の寝顔が見られますね!

ユニークなランチならコレ!

園内には、欧風料理や創作料理、イタリアンにファストフードと、さまざまなタイプのレストランが用意されていますが、せっかくの長閑なこの牧場では、カレーを作れる飯ごう炊さんか自家製ソーセージが美味しいバーベキュー(BBQ)の2つをおすすめしたいところです。

お肉大好き一家の我が家は、迷わずバーベキュー(BBQ)を選びました。

1.手ぶらOKのバーベキュー


肉を焼くだけ~、なんですけど、日頃はバーベキューをする場所なんてないので、牧場などに出かけたときには絶対に利用したいコーナーです。なんと言っても、手ぶらでOK!というのが嬉しいですよね。

しかも、「こもれび森のイバライド」のバーベキューは、これもまたとても安い!

大きく2つのセットがあるんですけど、家族3~4人分でもこんな感じです。

  • まんぞくセット(野菜&ライスつき)/4,588円
  • おすすめセット(野菜&ライスつき)/3,588円


手ぶらでOKのバーベキューとカレー作りのランチメニュー。


両方とも3人分のセットなのですが、別にお肉だけを追加することも可能。我が家は「まんぞくセット」の骨付き鶏肉が食べにくいと思い、ステーキ肉が捨てがたいながらも「おすすめセット」に自家製ソーセージ(1,000円)を付けました。


おすすめセット(野菜&ライスつき)3,588円に自家製ソーセージ1,000円を追加。
【まんぞくセットに自家製ソーセージを追加】


「こもれびイバライド」のバーベキュー。


見た目以上にボリュームがあったので、ギリギリ3人で食べきった感じです。

この自家製ソーセージは絶品!単品だと1本350円とちょっとお高いですが、その値段に見合って美味しいので、ぜひ食べてみてくださいね。

2.家族で仕込むカレー作り体験


さすが、体験をテーマにした牧場だけあって、ランチにまで昼食作りという体験が用意されています。飯ごう炊飯なんて、すっかり「懐かしい!」の領域に入ってしまった我が家なので、一瞬興味を惹かれましたよ。

戸外で自分たちが作るカレーの美味しさは、たまらないですよね。小さな子どもたちが、とても楽しそうに作っていたのが印象的でした。

カレー作り体験の料金は、2人前なら2,400円、3~4人前なら4,500円です。

3.ランチ利用情報


バーベキューコーナーも飯ごう炊飯も、事前予約などの注意事項があったので、まとめておきますね。


【利用時間】
11:00~14:00


【事前予約】
平日:完全予約制(前日受付まで)
休日:予約優先案内(当日受付も可)


【お問い合わせ】
029-892-3911
※受付時間10:00~17:00
※15名以上は割引あり(要問合せ)

ちょっと焦る!イバライドの注意点

1.クレジットカードが使えない?


入園料に始まり、園内は恐らくすべての施設でクレジットカードが使えません。

日頃、我が家はクレジットカード払いに頼り切っているので、行ってみてビックリです。だんだんお財布の中が乏しくなってきてドキドキしましたが、なんとか最後まで存分に楽しめました。

お出かけの際は、しっかり現金と小銭を用意しておくことをおすすめします。

2.やぶ蚊が半端ない!


園内には木陰がたくさんあるのですが、とにかくものすごい数のやぶ蚊が飛んでいます。アトラクションや動物ふれあいコーナーなどでは刺されることがなかったのですが、木陰は要注意!

テントを張って寛ぐ一家も見かけましたが、ネットのないタイプだとかなり厳しいでしょう。特に、小さな赤ちゃん連れや犬には気をつけてあげてくださいね。虫除けスプレーなどは、必須アイテムです。


いつも家族のために仕事を頑張ってくれる我が家のパパ。レジャーシートを敷いて昼寝をさせてあげようと思ったのですが、やぶ蚊の絶好の餌食になってしまいました。数分で、刺された箇所はなんと10か所以上。やぶ蚊の「ごちそう様!」という声が聞こえてきそうです。

3.犬の同伴には?


前述のようにやぶ蚊の数が半端ではないので、蚊除けの対策は十分にしてあげてくださいね。

また、園内はワンコも一緒に歩いてもいいのですが、周りには大きな動物がたくさんいます。興奮してトラブルにならないように、リードはしっかり付けておくと安心です。

こもれび森のイバライド利用情報

1.入園料金


大人(中学生以上) :1,000円
小人(4歳~小学生):600円
※3歳以下は無料

1DAY遊具フリーチケット:1,500円
※ゴーカートや周遊トレインなどが1日乗り放題
※一部対象外の遊具等あり

犬1頭   :500円
犬1頭回数券:2,500円
※犬回数券は1回目の利用から1年間有効

2.営業時間


10:00~17:00(最終入園16:00)
※季節によって変更の可能性あり

3.定休日


毎週火曜日
※特別営業日あり

4.お問い合わせ


029-892-3911

5.駐車場


駐車場料金(1日):500円
※園内で利用できる500円分のクーポン付き

6.ベビーカー&車椅子レンタル


ベビーカーレンタル:200円
車椅子レンタル  :無料
※予約不可


茨城県にある「こもれび森のイバライド」の花畑風景。

知って便利!プチ情報

子どもが高校生ともなると、当然ながらもう遊具だの飯ごう炊さんだのは興味が薄いようですが、物づくりが好きなので、体験教室はしっかり堪能していました。他のグループには女子大生の集団もいて、「こもれび森のイバライド」は年齢を問わずいろんな遊び方のできるお出かけスポットと言った感じです。

来場者数が少ない超穴場とは言え、ゴールデンウィークや夏休みは混雑するようです。ロングジップスライダーなどの2大アトラクションは午前中に予約を打ち切ることもあるそうなので、繁忙期には早めに出かけた方がよさそうですよ。

低コストでスリル満点!こもれび森のイバライドアスレチック2選
茨城と千葉の県境にある、大人も本気で挑戦できる「こもれび森のイバライド」のアスレチックをご紹介!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする